夜が明けてきた そろそろ寝よう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


YouTubeにアップした動画(生)のダウンロード手順2015年版


「動画の管理」に「MP4でダウンロード」という項目がありますが、これは上図白矢印のダウンロードを意味し、ダウンロードできるファイルはYouTubeサーバでエンコードされて劣化した動画になります。では、自分がアップした動画そのもののダウンロード(上図黄色点線矢印)は出来るかというとGoogle Takeoutというサービスを使えば出来ます。

Google TakeoutはGoogleの各種サービス上に利用者が構築したデータをダウンロードできる機能です。例えば、Gmailのメールデータ、Googleカレンダーに記録したスケジュール、Googleマップで作ったオリジナルの地図などです。これらを手元に置くことで、不慮のサーバ障害に備えたり、別のサービスへ移行したり、別のツールと連携したりできる、という触れ込みのようです。そしてYouTubeもいつの頃からかこの仕組みでデータをダウンロードできるようになりました。2年前に試した時はうまく出来なかったんですが、今回成功したので以下にその手順をまとめます。

(1)Google Takeoutのページに辿り着く
Google Takeoutのページはこちらです。検索でもサクっと見つかると思います。
とはいえ、最初はもっと安全確実な手順で辿り着きたいもの。Googleのトップページから行くには次の順になります。

ログインして、右上のアイコンをクリック
(アイコンのデザインは人によって違います)

「アカウント」をクリック
(ポップアップのデザインはブラウザにより違いがあるようです)

「コンテンツの管理」をクリック
(一部表示を切り詰めています)

「アーカイブを作成」をクリック

ようやく辿り着きました。
ここがGoogle Takeoutのページ、のはず。
Googleの一サービスとしてもっと偉そうにしてるかと思ったんですが、アカウント管理の一部となってて影が薄いですね。
まあ、ここでダウンロードできるのは間違いないので、そのサービスの名前とかどうでもいいのかもしれませんが、とりあえずこの記事では、ここをGoogle Takeoutのページとして書き進めます。


(2)アーカイブの作成指示

一番右の緑のスイッチでアーカイブするサービスを選択します。初期状態では全て選択になってるので、YouTubeのデータだけを落とすのであれば、それ以外のサービスの選択を解除します。
緑のスイッチの左にある見落としそうな(v)をクリックすると、当該サービスにおいてダウンロードするデータ種別やフォーマットの設定メニューが出てきます。
YouTubeの場合は次のような設定です。

「対象データを選択する」を選ぶと、履歴、再生リスト、登録チャンネル、動画の4種からダウンロードするものを選べます。
履歴や再生リストを選んだ際にダウンロードされるのは動画のURLやタイトルであって動画自身ではないです。
「登録数」ってのは日本語訳がおかしいですが、登録チャンネルをダウンロードする際のデータ形式のようです。ただ、どう指定しても登録チャンネルはうまく落とせませんでした。
私が実際に試したのは、全てデフォルト設定、及び、対象データを動画のみに絞った2パターンで、どちらもほぼ成功しました(登録チャンネルだけ意味不明なデータでした)。
指定が終わり、最下段の「次へ」をクリックすると次のページになります。

次のページというかページ自体はさっきから変わってなくて表示だけがうねうねと変わってるんですね。なじめないです。
ここでは、ダウンロードするアーカイブの「ファイル形式」と「配信方法」が選べますがデフォルトのままでいいと思います。
「アーカイブを作成」をクリックすると作成が始まり、次の画面になります。

サーバでのアーカイブ作成状況がプログレスバーで表示されますが、これが完了するのをじっと待ってる必要はありません。ブラウザを閉じてもPCを終了させても大丈夫です。
先ほどの「配信方法」の指定をいじってなければ、アーカイブの完成時点でメールがあり、メール中にはダウンロードリンクが記載されています。また、メールが来ない環境であっても、Google Takeoutのページからアーカイブ作成状況がいつでも確認でき、完成していればダウンロードできます。
ちなみに私の場合、アーカイブ完成まで36時間くらいかかりました。


(3)アーカイブのダウンロード
アーカイブ作成が完了したというメールを受けた場合はそのメールにダウンロードリンクが記載されているので、そこからダウンロードすればいいです。以下ではもう一つの方法、Google Takeoutのページからダウンロードする方法を説明します。

Google Takeout のページ上部に最初から表示されてたけどここまでスルーしてた「アーカイブを管理」。
これをクリックすることで、サーバでのアーカイブ作成状況の確認や、完成したアーカイブのダウンロードができます。

アーカイブ作成中だとこんな表示です。
さっき、似たような画面見ました。

アーカイブが完成しているとこんな表示です。
有効期限を過ぎると消滅するので、後始末の心配はありません。
「ダウンロードを表示」をクリックするとダウンロードリンクが次のようにポップアップ表示されます。

ここで「ダウンロード」をクリックすることでようやく自分のPCに動画をダウンロードできます。いくつか確認してみましたが、以前アップロードした動画そのものでした。
アーカイブは基本的には2GBを目処に分割されるようです。一つのアーカイブに複数の動画が入ることがありますが、一つの動画が複数のアーカイブにまたがることはないようです。なので、2Gを超える大きな動画は常に単独でアーカイブされます。いや、アーカイブというか動画そのもの(例えばmpgファイル)をダウンロードするようになってました。
どのダウンロードリンクをクリックするとどの動画がダウンロードできるのか?これを事前に知る方法はちょっとわかりません。ダウンロードリンクの順番は、アップ日時順でも動画名順でもアップ時のファイル名順でもなさそうです。なので、特定の動画だけダウンロードしたい場合はちょっと苦労するかもしれません。まぁ全部ダウンロードするのも大変ですけど。


追記(2017年4月)
(1)Google Takeoutのページに辿り着く、の手順で、右上アイコンをクリックした際のポップアップが随分変わってます。
「アカウント」というボタンが無くなってるので、変わりに、歯車アイコン→アカウント設定を確認または変更する
の順にクリックすれば同じページに飛びます。

一つのメールアドレスで複数のYouTubeチャンネルを運用している場合、気をつけるべき点があります。
本記事手順でGoogle Takeoutのページに至った際、右上のアイコン表示、及びそれをクリックしての切り替え表示で、自分が現在どのアカウントとして操作中なのかを確認してください。そしてアカウントが目的のものと違う場合は切り替えてください。
その後、アーカイブの作成指示をすればうまく行くと思います。

以下はもう関係なくなった追記。
追記(2016年6月)
上記手順は、YouTubeチャンネルがGoogleアカウントにリンクされている場合にはうまく行きますが、Google+ページにリンクされている場合はもう一工夫が必要になるようです。
GoogleアカウントとYouTubeチャンネルの関係には2種類あります。
(1)Googleアカウント-(Google+プロフィール)-YouTubeチャンネル
(2)Googleアカウント-Google+ページ-YouTubeチャンネル
この(2)のパターンの場合です。
普通にやってもGoogle+ページの先のYouTubeチャンネルは見つけてくれないようです。YouTubeの詳細設定でデフォルトチャンネルを設定しても駄目でした。
で、どうするかというと、Google+ページに直接ログインするユーザ名を使ってこれまでの手順をやればうまくいきます。
そのユーザ名ですが、おそらく次の手順で見つかると思います。
Googleアカウントでログインする
→Google+のページ(https://plus.google.com/)に飛ぶ
→左上「ホーム」とあるプルダウンから「ページ」を選ぶ
→(Google+ページを複数持っている場合のみ)目的のGoogle+ページを選ぶ
→ここでGoogle+ページのホームページ的なものが表示される
→左上「三」のプルタブから「設定」を選ぶ
→「サードパーティ製ツール」という項にあるユーザ名がそれです。「パスワードを設定」することでユーザ名が使えるようになります。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。